読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダの整理整頓

心身ともに健康に、極力好きなことだけやって生きるライフスタイルが理想。働き方、健康、旅行について主に記事を書いています。

大都会岡山を満喫する王道旅行プラン 倉敷美観地区・後楽園

f:id:str5130:20170517000219j:plain

5/4(木)この日は広島スタート。一気に倉敷まで行こうと思いましたが途中尾道によって、また尾道ラーメンを食べようと画策。でもこの日は観光客が多すぎてどのお店も激混みでした。なのでスルーして一気に倉敷へ。倉敷の見どころと言えば何といっても美観地区!JR倉敷を降りるとすぐに美観地区に入るのでアクセスもバツグンです。

岡山名物の清水白桃を喰らう

さて、岡山と言えばフルーツ!ということで人気の「くらしき桃子」に寄りました!早速期間限定のあまおうパフェと定番のももこパフェを注文。

f:id:str5130:20170516225250j:plain

まず、あまおうパフェ。パフェなのに豪快。これでもかというぐらいいちごが乗っています。いちご好きにはたまりませんね。

そして次が真打ちのももこパフェ。旬の季節は秋なんですがこの桃がめっちゃウマい!使用されている桃は「清水白桃」という種類で味・香りともに日本一と言われている白桃です。一番上に乗っているのは清水白桃を使ったプリン。食べ終わってソッコーでお土産用に5コ買いました(笑)それぐらい美味しいです。

くらしき桃子-倉敷美観地区でフルーツと出会う-

美観地区散策

甘いものでお腹を満たしたところで、いよいよ美観地区の散策に入ります。エリア一帯に重要文化財がひしめいています。観光客で一番にぎわう「本町」というエリアをメインに歩きました。ゴールデンウィークど真ん中で人が多すぎたのであまり落ち着きませんでした(笑)後で確認してみると少し山を登った「阿知神社」や「東町」というエリアを歩いてみても楽しそうでしたねー。後悔。

 

f:id:str5130:20170516233345j:plain

 

中でも目を引いたのが倉敷アイビースクエア内のこの大原美術館。もともと紡績工場があったこの場所では敷地内に歴史を感じる建物が多く残っています。倉敷アイビースクエアは複合的な観光施設となっていて、ウエディングとか宿泊もできるみたいです。

f:id:str5130:20170516233348j:plain

広場はまるで日本じゃないみたいですね。訪れた日はジャズバンドのライブでにぎわっていました。この倉敷アイビースクエアの中を散策するだけでも来た価値がありますよ。

【公式】倉敷アイビースクエア

 

f:id:str5130:20170516230833j:plain

 

昔は物流の要だったんだろうなあという倉敷川。実際、江戸時代にこの近辺は幕府直轄の要所として物資が集積していたんだそうです。京都の高瀬川に通じるものがあるなあ。

 

f:id:str5130:20170516230842j:plain

 

一見何の変哲もない路地に見えますが、こういう路地裏は知る限りでは京都の伏見か奈良・東大寺周辺ぐらいしか思い浮かびません。古い建物が立ち並んでいる通りではリノベされた店舗と今なお地元の方が住み続ける住宅が混在していて、「観光地」だけではない、人々の暮らしが見えるのもほっこりした気分になれます。

倉敷エリアを観る・遊ぶ | 倉敷観光WEB

 

日本三大庭園・後楽園

昔から地理好きの僕はもちろん日本三大庭園の所在地ぐらいは把握してましたが後楽園は東京にあると思ってました(笑)野球の見すぎですね。

入場料は400円。岡山駅からも歩いていける距離なので結構気軽に行けますよ。

春から夏にかけては7時半から開園しているので、岡山の中心街で宿泊してからの贅沢な朝の散歩をするのもアリですね。実際僕は8時半に到着しましたが涼しいぐらいで歩き回るにはちょうどよかったです。逆に真夏とかは日陰があまりないので辛いかもしれません。

f:id:str5130:20170517000036j:plain

 

正門から入ってすぐ。広っっ!というのが最初の印象。後楽園球場何個分?ちなみにWikipediaによると東京ドーム3個分らしいです。後楽園球場で例えてほしいなあ(笑)奥には岡山城が見えますね。

園内すべてを巡る所要時間はおよそ2時間。隣にバイクを停めてたハーレーのおっちゃんと入る時間も出る時間も一緒だったのでだいたいそんなところなんでしょう。

 

f:id:str5130:20170517000029j:plain

沢の池

園内中央にある大きな池です。緑と水の調和が美しい。

 

f:id:str5130:20170517000051j:plain

千入の森(ちしおのもり)

楓を中心に木々が立ち並びます。春真っ盛りなのに紅葉と新緑を同時に味わうことができる少し珍しい空間です。

 

f:id:str5130:20170517000225j:plain

花菖蒲畑・八橋

手前には色鮮やかな菖蒲が咲いています。6月ごろにはさらに美しい花を咲かせるんだそうです。このへんぐらいで思ったけど、実はゴールデンウィークよりほかの季節の方が後楽園を歩くのにはいいのかも。気候的にはちょうどいいんですけどねー。

 

f:id:str5130:20170517000211j:plain

 

後楽園にはなんとツルがいます!結構デカい。全部で7,8羽いましたが1羽ずつ隔離されていました。ちょっとかわいそう。

 

f:id:str5130:20170516233727j:plain

 

後楽園最高峰?の唯心山から沢の池を見下ろします。ちょっと小高い丘って感じですが園内を一望できますよ!ちなみにここは写真スポットなので早めに行って正解でした。10時過ぎには人いっぱいで登ってられない状況でした。

 

f:id:str5130:20170517000150j:plain

 

みんな大好き「ももっち」と「うらっち」が遊びに来てたよ!もちろん知ってましたよ!

岡山県マスコット 「ももっち」と「うらっち」のページ

 

結構ゆっくり回ったつもりなのに2時間しか経ってませんでした。ちなみに岡山城も見たい人は後楽園とセットで入場券を買うこともできます。

okayama-korakuen.jp

 

岡山はこれまで結構来てるのですが、メジャーな美観地区とか後楽園は行ったことなかったので、今回の旅はよかったですね。次は津山とか行きたいなー

 

【今回の旅の関連記事】

trend-str5130.hatenablog.com

trend-str5130.hatenablog.com

【旅行カテゴリその他の記事】

 

trend-str5130.hatenablog.com

trend-str5130.hatenablog.com

trend-str5130.hatenablog.com

trend-str5130.hatenablog.com