読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダの整理整頓

”頭、体、心の健康維持”をモットーに生きています。その日その時感じた僕の中のトレンドをつらつらっと書いていきます。

オーストラリア・ケアンズ旅②ケアンズ街歩き&ナイトマーケット散策

旅行

f:id:str5130:20170202011538j:plain

ケアンズでのんびり街歩き

ケアンズの街はコンパクトにまとまっていて自転車があれば町中のどこにでも行けちゃいます。遊ぶところや食べるところ、お土産屋さんに至るまで半日あればすべてめぐることができます。日本に帰る飛行機に乗る前にふらっと立ち寄っても十分に楽しめます。

観光客が多いだけあって治安は悪くありません。深夜に出歩いても全く問題ありません。むしろ夜でも遊びまわれるスポットがいろいろあるのでホテルにこもりっきりはもったいないです。

そんなケアンズの街の魅力を紹介します!

f:id:str5130:20170202011728j:plain

ケアンズの街の中心には人工のビーチがありました。その名も「ラグーンプール」夜に写真を撮ったのでさすがに泳いでいる人はいませんが、日中は地元の人などでにぎわっているようです。

実はケアンズの近辺には遊泳できるようなビーチがないんです。グレートバリアリーフがすぐ近くにあるのにすごく意外でした。

ザ・オーストラリアの一品を食らう!

「Dundee's Restaurant on the Waterfront」でランチ!店名の通り海沿いにあるレストランでした。オーストラリアに着いたときに現地の日本人ガイドさんから「メシは確実に日本の方がうまい」と断言されていたのですが、そんなことはありません。ケアンズにはおいしい

f:id:str5130:20170205223614j:plain

参考:食べログ

写真の一品は「AUSTRALIAN SAMPLER PLATE」その名の通りオーストラリア名物をこれでもかというぐらい詰め込んだ料理です。

ワニ肉、カンガルー肉、エミュー肉とパラマンディーというオーストラリアの高級魚が一枚に盛り込まれています。これ一品でオーストラリア名物を満喫出来ちゃいます。大阪でいえばたこ焼き、お好み焼き、串カツがまとまって出てきたようなものです(笑)

ぱっと見ではどれがどの肉か分かりません(笑)ワニ肉は鶏肉に似た味ですが、うまみは鶏肉より強いです。カンガルー肉は牛肉に近い味。現地の人の話ではカンガルー肉はピンキリで、ここの肉は断然おいしいそうですエミュー肉はソーセージに仕立ててありますが、クセがすごい。ジンギスカンとかが好きな方のお口には合うんじゃないでしょうか。

f:id:str5130:20170205232623j:plain

カキも1個から注文できました。生からフライまでいろんなソースを絡めておいしくいただきました。カキをはじめ、シーフード全般がおいしいのもオーストラリアの魅力です。パラマンディーは上品な白身といった感じの味で食感はやわらかめでした。

ちなみにお値段は結構します。日本だったら5,000円ぐらいかなーって感じの量を食べたんですけど、1万円オーバーしました。物価は高いです。

ただ、ブルーベリーが5ドルほど。日本円でいうと400円ぐらいです。物価が高いオーストラリアの中でも生鮮食品は割と安いです。水500mlが5ドルしますからね…

外食は結構どこも高額なので気を付けましょう。

ケアンズの気候は?

ケアンズには四季はないようで夏しかありません。夏以外は雨期。分かりやすい。とにかく日差しは強く、紫外線は日本の5倍ほどらしいので日焼け止めは必須です。塗りたくりましょう。

ただカラッとしているので過ごしやすさでいえば日本の夏と比較すれば心地いい暑さです。

f:id:str5130:20170202012532j:plain

f:id:str5130:20170202012156j:plain

ショッピングセンターは日本のイ〇ンとあんまり変わりません。日本だったらスタバなんだろうなという位置づけのコーヒー屋さんへ。モカ系のフラペチーノを頼んだんですが、日本で飲むのと比べてコーヒーの味が濃くておいしかったです。

ケアンズ名物ナイトマーケット

f:id:str5130:20170205235529j:plain

参考:expedia

ケアンズには夜でも遊べるスポットがいっぱい!と前述してますがその代表的な場所がこの「ナイトマーケット」です。営業時間は17時~23時ぐらいまで。日中グリーン島へ行ったりキュランダへ行ったりして、ホテルに戻って一息ついてからでも余裕で間に合う時間です。一日中遊んで楽しめるのもケアンズの魅力ですねー。

ちなみにナイトマーケットの中では日本語が飛び交いまくっていてアウェイ感が全くありません。日本のドン・キ〇ーテでの中国語のようなもんです(笑)日本語でのコミュニケーションがだいたいのお店で可能なのでカモられる心配も少ないです。

どんなお店があるの?

f:id:str5130:20170202012039j:plain

ナイトマーケットにはテイクアウトで食べられるクレープやラーメンなど日本人好みの食べ物が充実しています。だから食べ歩きをしながらお土産探しをすることができます。僕は写真の中華バイキング?の量り売りでエビチリや酢豚をつまみました。

どのお店も日本語でメニューが表記されていますし、日本人のスタッフも多いのでコミュニケーションに困ることはありません。

f:id:str5130:20170202012046j:plain

お土産もいろんな種類があります!定番のティムタムやトワイニングのオーストラリア限定フレーバー等もありますが、食品系よりも化粧品などの美容グッズが種類も多かったし質もよさそうかなーという印象でした。

特にホホバオイルがすっごい評判が良かったので購入しました。シャンプーに混ぜてマッサージするだけで抜け毛対策になる?この効果で購入意思の8割は固まりましたー(笑)頭皮だけでなくホホバオイルはあらゆる肌トラブルに効果があるそうで保湿力もバツグンながらもベタつきが少ないのも好感が持てました。特にオーストラリア産のホホバオイルは品質も最高クラスということでお土産に最適です。

【関連記事】

 

trend-str5130.hatenablog.com

trend-str5130.hatenablog.com

 

trend-str5130.hatenablog.com

 

広告を非表示にする